1. HOME
  2. 行事報告
  3. 宗祖親鸞聖人報恩講法要(令和元年11月3日)

宗祖親鸞聖人報恩講法要(令和元年11月3日)

11月3日(祝)、宗祖親鸞聖人報恩講法要が、昨年同様午前・午後の二部制で執り行われました。
前日より、婦人会のみなさまがお斎(報恩講の昼食)の準備をしてくださり、また聞信会役員の方々が五色幕や玄関幕の取り付けなどをお手伝いくださいました。
当日は、午前11時より讃仏偈のおつとめ。引き続き西福寺住職、本願寺派布教使の阿部信幾先生より「生死を超える道」の講題にてお話しを頂戴しました。
午前の部終了後、婦人会特製、手作りのお斎がふるまわれました。前日から煮込んだ味のしみた煮物やお赤飯など、ともにおいしくいただきました。
午後の部開始前、龍山住職から法話がありました。私たちは何でも「あたりまえ」と思っていて、「ありがたい」という思いを忘れてしまっているが、これはもったいないことであり間違った見方であるとお話し下さいました。
午後1時30分、報恩講午後の部の法要が厳かに勤められました。おつとめは音楽法要の「宗祖讃仰作法」。親鸞聖人が作られた魂の叫びのようなご和讃が、美しい旋律とともに強く心を打ちました。
引き続き、阿部信幾先生よりご法話をいただきました。浄土真宗は経典を信じる教えであり、中でも仏願の生起本末を聞くことが大事であること、地獄は他人事でもずっと先の話でもなく今現在の私の問題であることをお聞かせくださいました。そして、私のために私の往生成仏を完成してくださった阿弥陀様にご恩報謝することをお勧めくださいました。
最後に、恒例の福引抽選会が行われました。さまざまな賞品に、喜びの笑顔があふれました。今年も多くの方々のおかげで、宗祖親鸞聖人報恩講法要は無事執り行われました。

 

法要のようす

宗祖讃仰作法(音楽法要)のおつとめ。散華を行いました。

竹下総代の代表焼香

講師の阿部信幾先生

熱心に耳をかたむけます

前日、玄関幕を取り付ける聞信会役員

お斎を作ってくださった婦人会のみなさま

おいしくいただきました!!!

福引の景品が当たりました!

 

行事報告

行事報告一覧