1. HOME
  2. 行事報告
  3. 教念寺開教30周年記念法要春季彼岸会法要(平成31年3月21日)

教念寺開教30周年記念法要
春季彼岸会法要(平成31年3月21日)

平成31年3月21日(祝)、教念寺開教30周年記念法要・春季彼岸会法要が、併修にて執り行われました。朝方少し降った雨も昼にはあがり、30周年を祝うためたくさんの門信徒が参集されました。

午後1時、喚鐘の音が鳴り響き、法要が始まりました。「仏説阿弥陀経」をおつとめし、引き続き総代長の竹内泰洋氏による代表焼香が行われました。

続いて、教念寺龍山利道住職より法話を頂戴しました。「聞くべきは何か」との講題で、私を仏法に導いてくださった阿弥陀様のご恩についてお話しいただきました。

法要後、祝賀会が行われ、みなともに教念寺の開教30周年をよろこばせていただきました。祝賀会では、総代のみなさまへの記念品の贈呈があり、また長くご縁を持たれている門信徒の方々より御祝のことばをいただき、和やかな中、盛会裡にお開きとなりました。

総代をはじめ多くの門信徒の皆様のお陰により法要を無事、厳修できましたこと、
大変有難いご勝縁となりました。


荘厳された阿弥陀様


仏説阿弥陀経のおつとめ


祝賀会のようす


教念寺総代のみなさま

 

 

行事報告

行事報告一覧