1. HOME
  2. 行事報告
  3. 春季彼岸会法要(令和2年3月21日)

春季彼岸会法要(令和2年3月21日)

新型コロナウイルスの影響により、今年の春季彼岸会法要は、門信徒の皆様の参詣を中止したうえで僧侶のみで執り行われました。
法要すべてを取りやめる寺院もあったようですが、阿弥陀様を讃嘆する大切な法要を行わないことは申し訳ないことでありながらも門信徒の皆様に感染等の被害が及ばないため、心苦しくも、このような形での開催となりました。
当日は少し風が強かったものの天候もよく春らしい暖かさの中での法要となりました。
午後一時、喚鐘が鳴らされ、仏説阿弥陀経をお勤めしました。引き続き住職より法話がございました。
法話では、彼岸のいわれや本願寺の歴史、親鸞聖人と法然聖人の出会いなど、やさしく教えてくださいました。(詳細7~9頁)
参詣者のない法要でしたが、丁寧に、厳かに勤められました。

→春季彼岸会法要法話内容はこちら

 


内陣の荘厳


仏説阿弥陀経のおつとめ


参詣者のない中での法話

行事報告

行事報告一覧