1. HOME
  2. 行事報告
  3. 秋季彼岸会法要(令和元年9月23日)

秋季彼岸会法要(令和元年9月23日)

令和元年9月23日(祝)、教念寺本堂において秋季彼岸会法要が厳修されました。
日本海を通る台風の影響で、前日夜半には強い雨が降っていましたがその雨も朝にはやみ、多くの門信徒がお参りになりました。
午後1時、喚鐘の音が鳴り響き、仏説阿弥陀経をお勤めしました。引き続き、安井忠男聞信会会長による代表焼香をされました。
休憩時間には、教念寺婦人会のみなさまの手作りのおはぎが振る舞われました。参拝者ともに、教念寺開設当時から続く秋の味覚を堪能しました。
続いて教念寺龍山住職よりご法話を頂戴しました。
ご讃題は、歎異抄の第5条の「親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、いまだ候はず」を引かれ、浄土真宗では先祖供養をしないこと、なぜなら念仏が私の作る善ではなく、その善によって追善供養することはできないこと、また信心いただいたその時に救われる教えであるから、阿弥陀仏の願いの前には追善供養などは必要ないことをお話しくださいました。
最後に恩徳讃を唱和し、秋季彼岸会法要は無事終了しました。


尊前のお荘厳


おはぎをお飾りしました


午後1時、喚鐘の音が鳴り響きます。


仏説阿弥陀経のおつとめ


代表焼香をされる安井忠男聞信会会長


法話をする龍山住職

 

行事報告

行事報告一覧