1. HOME
  2. 行事報告
  3. 春季彼岸会法要(令和4年3月21日)

春季彼岸会法要(令和4年3月21日)

 令和4年3月21日(祝)、教念寺本堂において春季彼岸会法要が厳修されました。東京で桜の開花予想が出るなど春の訪れを感じる中での法要でした。今年も、コロナウイルス感染状況を鑑み、午前・午後の2部制にてお勤めいたしました。
 午前の部は11時より行われ、参拝者のみなさまと仏説阿弥陀経をおつとめしました。引き続き川口健一氏より感話をいただきました。感話とは、日々の生活やこれまでの人生で感じたことや考えたことを述べるものです。戦後、何もない中で苦労して会社を立ち上げたことや教念寺とのご縁についてなど、深い人生についてお話しいただきました。
 続いて住職から法話をいただきました。コロナや戦争といった日々の生活をとおし、「よろずのこと、みなもって、そらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」のお味わいを聞かせていただきました。
 午後の部は2時に始まりました。午前の部同様、仏説阿弥陀経をおつとめし、その後、教念寺聞信会会長島本洋氏による門信徒代表焼香が行われました。続く住職の法話では、彼岸のいわれとともに、亡き人がご縁となって私に働きかけてくださっていること、ともに西方極楽浄土に思いをはせるのが彼岸の大事な意味であることが話されました。
 コロナ禍であっても、こうして法要をおつとめし、親鸞聖人のみ教えを聞かせていただけたことは大きな喜びとなりました。引き続き、感染防止に心を配りながら、ともに聴聞を続けていきたいと願っております。ご参詣のみなさまに心より御礼申し上げます。


法要のようす


龍山住職の法話


川口健一氏の感話


島本洋氏の代表焼香

行事報告

行事報告一覧